LOADING
WWDC17

WWDC2017で気になった点まとめ – App Store編

今年もWWDC2017で色々と発表がありました。
今回は、App StoreやiTunes Connectまわりの新機能について気になったものをまとめます。

App Store

App Storeアプリがリニューアル。専任のエディターが選んだアプリが、より前面に押し出されます。

New App Store
apple.com

タブの刷新

タブはがらっと変わります。

New App Store
apple.com
  • Today
  • Game
  • Apps
  • Update
  • Search

Today, Game, Appsにはストーリー、ヒントとコツ、リストといったコンテンツが追加されます。
Searchの対象には、上記のコンテンツも加わります。

カテゴリやランキングは下層ページへ。ランキングの重要度が下がりそうな印象です。

アプリページの変更

以下のような変更があります。

  • 動画を3つまで、画像を5つまで設置可能に
  • 動画がインラインで再生される(全画面再生も可能)
  • ランキング順位が、レーティングの隣に表示される
  • 見やすくなった評価とレビュー
  • App内課金アイテムの購入がApp Store上で可能に

動画が目を引くようになり、アプリの見栄えがより重要になりそうです。

また先日追加されましたが、ユーザーのレビューに開発者が返信する機能も引き続き利用できます。

iTunes Connect

アプリのアップデート・リリース面でも変更があります。

インクリメンタルアップデート

アプリをアップデートする際に、それまでの評価とレビューを維持するか、リセットするかを開発者が選べるようになります。

バージョンアップデートの段階的リリース

iTunes Connectの新機能。自動アップデートをONにしているユーザーに対して、iOSアプリを7日間かけて徐々にリリースすることができるようになりました。

段階的リリース日 ユーザの割合
1 1%
2 2%
3 5%
4 10%
5 20%
6 50%
7 100%

段階的リリース中でも、ユーザーが手動で最新のバージョンにアップデートすることは可能です。こっそりアプリをリリースできるようになったわけではありませんが、ユーザー数の多いアプリだと重宝しそうな機能です。

段階的リリースは既に利用可能になっています。

追加された申請項目

サブタイトル (Subtitle)

iOS 11以降の端末で、App Storeのアプリ名の下に表示される概要のテキスト。30文字。

プロモーション用テキスト (Promotional Text)

iOS 11以降の端末で、App Storeの説明の上に表示されるテキスト。170文字。アプリの提出・審査なしで利用できるようです。

その他

Promoteフォームの追加

App Storeへアプリのフィーチャーを依頼するフォームが、Apple Developerに追加されました。

さいごに

弊社ではサービス開発やアプリの制作を行っています。リリース作業やアプリの運用についても、お気軽にご相談ください。