LOADING
Photo: NEO SHIBUYA

次の文化をつくる会社にしたい

こんにちは、ウォズ株式会社の有吉です。

先日、弊社コーポレートサイトのデザインリニューアルを行いました。今まさにご覧になっているこの記事のページも、そのサイトの一部です。新しいデザインによって、よりWOZらしさが表現されたコーポレートサイトになりました。

コーポレートサイトは、ある会社というものを関係者に伝えるために作ります。綺麗で見やすいウェブサイトであることはもちろん大切ですが、会社の“らしさ”を表現するのもコーポレートサイトの重要な役割のひとつです。

以前のサイトからは色々な部分が変わっているのですが、大きな違いの一つとしては、WOZのミッションを新たに作ったということがあります。

ミッションって?

さて、そもそも「ミッション」とは何でしょうか?

経営理念、企業理念、ミッション、ビジョン、バリュー、モットー、クレド、ウェイ、マントラ、社是、社訓・・・これらは企業により、定義や役割が多少異なるのが実際のところかと思います。また、ミッションを置かない会社もあります(それにはそれで理由があります)。

ミッションとは「企業が果たすべき使命、目的、役割、存在意義を示すもの」であると言われますが、その定義も自社なりに考えたほうが良さそうです。

「なんでWOZ?」

今回WOZは、ミッションのみをコーポレートサイトで公開することにしました。じゃあWOZにとってのミッションって?

ミッションという言葉を、「なんでWOZ?」と置き換えてみると、分かりやすいかもしれません。メンバーにとっては、なぜWOZで活動をしていくのか。また、お客様にとっては、なぜWOZと一緒にプロジェクトを進めていくのか。 それらの問いに対する答えの一つを、ミッションとして表現しようと考えました。

WOZのミッション

「次の文化をつくる」がWOZのミッションです。

文化って?

「文化」といっても、その定義については様々なものが存在します。私は文化を「人々の行動や考え方の、ある範囲のまとまり」と考えています。
例えば、和歌、能、書院造、浮世絵といった伝統的なものはもちろん、昨今のセルフィー(自撮り)も文化だし、Instagramの短いハッシュタグでのコミュニケーションだって文化です。

文化は勝手にできあがるものという側面もありますが、誰かのある行動が種となって、そこから新しい文化が育っていくということもあります。
そして新しい文化は、従来の文化とは異なった、人々が集まれる場所となります。

文化をつくること

「次の文化をつくる」を言い換えると、新しい仕組みを作り、コミュニティを生み出すということだと考えています。ある価値観をもった人々が集まり、行動を続けられる場所を作る。その先に、文化と呼べるまとまりができてくるのだと思います。

いまのWOZでは、受託制作と自社サービスという二つの事業を行っています。受託制作事業については、クライアントが構想するサービスを、デジタルの領域で実現するという仕事です。新しいサービスの立ち上げや運営を支援することで、文化づくりのお手伝いをしているとも言えます。もう一方の自社サービス事業は、自分達が中心となって人々に影響を与える、新しいサービスをつくる事業にしていきたいと考えています。

なぜやりたいのか

なぜ次の文化をつくりたいのか? それは自分自身が、世の中を変えてしまうサービスやプロダクトに衝撃を受けてきたからです。

例えば、iPhoneは人々の生活を変えていくつもの市場を再創造しましたし、FacebookやInstagram、Twitterは人々の新しいつながりを創りました。特に感銘を受けたのは、「“外に音楽を持ち出す”というライフスタイルの変革」を起こしたソニーのウォークマンの話です。
そういったものを作ろうとする活動や、姿勢そのものが好きなのです。発明によって新しい文化が生まれる度に、世界はより良くなってきました。それも誰かのアイデアや取り組みがあったからこそ。

テクノロジーによって、世界はずっと変わり続けてきました。自分も、変化を起こす人でありたい。

トップのメッセージについて

さて、今回のコーポレートサイトのトップページには、“EVERYWHERE WILL BE PLAYGROUND.”というメッセージを置きました。 こちらはメンバー全員で、あれやこれやと意見やアイデアをぶつけて、何百も案を出した末に決めたものです。

WOZのメッセージ : Everywhere will be playground.

メッセージには次のような想いを込めました。

デジタルの力

デジタルメディアやデジタル技術の力を使えば、あらゆる場所を遊び場のように変えることができる。
例えば、ウェブサイトやスマートフォンアプリもそういった「場所」です。

夢中になれる場所

遊び場にいるようにワクワクし、夢中になって創造を始められる。
WOZをそういう場所にしていきたいと思っています。

人々に影響を

WOZの活動やサービスを通じて、関わる人々に影響を与えていく。

見ている人が次々と、楽しそうな遊び場に加わってくる感じ。共鳴した人が面白いなと思ってくれたり、ワクワクに包まれたりしたら面白いし、とても楽しいと思います。

今後について

今回のサイトリニューアルでは、メンバー同士でお互いの考えや価値観を交換し、発想を掛け合わせるというプロセスを経ることができたと思っています。WOZが大事にすることや、WOZらしさを明確にしていく作業はこれからも続けていきます。(本サイトもリリースして完成とは思ってませんので、改善を続けます!)

さいごに

WOZはクライアントワークや自社プロダクトを通じて、新たな価値をもたらすサービスの企画・制作を行っています。
サイト制作やサービス開発の話がありましたら、お気軽にご相談ください。