LOADING
FESTIVAL NITE vol.1

幾何学模様、Tempalayら出演!FESTIVAL NITE開催決定

WOZでちょこちょこお手伝いさせていただいている海外フェス情報サイトFestival Junkieと国内フェス情報サイトFestival Life。その2サイトがタッグを組み、2017年1月21(土)渋谷TSUTAYA O-nestにてライブイベント<FESTIVAL NITE>を開催します。

ということで特設サイトを作ったので見てくれよな。
FESTIVAL NITE Vol.1

<FESTIVAL NITE>は、日本と海外のフェスシーンをより近づけることを目的に、海外フェスで活躍するアーティスト、今後世界で活躍する日本人アーティストを集めた一夜限りのライブイベントです。第一弾発表として、今年も100近い海外公演をこなし、世界各地の大型フェスにも出演した幾何学模様(Kikagaku Moyo)、<FUJI ROCK FESTIVAL>をはじめとした国内の大型フェスに加え、今年はアメリカの<SXSW>にも出演したTempalayが決定。今後も追加アーティストの発表を予定しています。

幾何学模様

2012年東京にて結成された幾何学模様(Kikagaku Moyo)。インド古典、アシッドフォークからクラウトロックまで幅広い楽曲群が特徴であり、ライブでは即興を織り交ぜた予測不能の演奏が世界各地で話題を呼んでいる日本人5人によるサイケデリックロック・バンド。Bandcampにアップした音源がキッカケとなり、2013年にセルフタイトルの1stアルバムをギリシャのレーベルCosmic Eye/Sound effectからリリース。オーストラリアツアーを経て、2014年2ndアルバム『Forest of Lost Children』をブルックリンのBeyond Beyond Is Beyond Recordsからリリース、<Desert Daze>や<Austin Psych Fest>に出演した。2016年5月には、3作目となるスタジオアルバム『House in the Tall Grass』をリリースし、春夏の欧州ツアー、秋の北米ツアーを終えたばかり。

Tempalay

東京を中心に活動する小原 綾斗(Gt&Vo)、竹内 祐也(Ba)、藤本 夏樹(Dr)による3ピース・バンド。結成から僅か1年にして<FUJI ROCK FESTIVAL ’15>「ROOKIE A GO-GO」に出演。15年9月にリリースした限定デビューEP『Instant Hawaii』は瞬く間に完売。そのリリースパーティーに元マック・デマルコのギターリストのホームシェイクを招聘し公演もソールドアウトする。西海岸やカナダの海外インディーシーンの影響を感じさせる独特の脱力したサウンドにどこか懐かしさを感じさせるメロディーと極彩のサイケデリック・ポップはインディ・シーンの中でも独自の存在感をはなつ。16年1月に1stアルバム『from JAPAN』をリリース。そのリリースパーティーにSANABAGUN.との異色のツーマンを行いソールドアウト。また同年3月に行われたアメリカの大型フェス<SXSW2016>へ出演しUSツアーを決行。8月31日にはデビューアルバム『from JAPAN』に未収録曲「JOE」を追加したアナログ盤をリリース。

イベント概要

日時:2017年1月21日(土) OPEN 17:00 / START 17:30
会場:渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:幾何学模様、Tempalay、and more…
チケット:前売券/¥2,500、当日券/¥3,000
チケット発売日:12月3日(土)
特設サイト:festival-life.com/festival-nite

出演はまだまだ増えるのですが、とりあえず幾何学模様もTempalayも最高バンドなので、最高です。最高。音楽イベントに関わるの久しぶりなので、楽しみです。追加情報はこちらでも発信していきまーす!